扉の中の大切な思い出

 
   重くのしかかる気持ちを抱えて

   彷徨い歩いていた

   もう前に進む事が出来なくなっていた私の目の前に

   一つの扉があった



   その扉には鍵がかかっていたけど

   私はその鍵を持っていた

   ずっと前から・・・



   迷いながらも鍵を開け

   ゆっくり扉の中へ入っていく



   やっぱりここは心が穏やかになる

   幸せな時間、信頼と安心があった

   自然と笑顔になっている私がいた



   どうしてこんなにもここは幸せに満ち溢れているんだろう



   大切な人と想い合える心

   伝えたい想いをいつも伝えていた

   いつも側に感じてた

   大切に想ってたよ



   信じ合えた絆

   忘れる事のない思い出



   その中にもう一つの扉がある

   伸ばしかけた手・・・



   扉の向こうにある笑顔を思い出す



   身勝手だよね・・・

   だけどその笑顔にもう一度逢いたいと

   心から想った



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

カゲロウ
2020年07月11日 12:09
眼の前には鍵のかかった扉がある
秘密の入り口を知る私は
その気になれば いつでも自由

でも、
心の中に、もう一つの扉があり
秘密の取っ手を握る手が動かない
扉を開けば笑顔に出会えるのに!

でしょうか?

失礼しました。
ルナ
2020年07月12日 11:17
かげろうさん、ありがとうございます。

誰の心の中にも大切な楽しい思い出があるんですよね。
ふとその思い出の扉を開けて中に入り込んで『あぁ、こんな事あったなぁ~本当に楽しかったなぁ』って懐かしんで・・・気持ちまでもがその時に戻ったかのようになったり・・・(^^)
でもその思い出を一緒に作った大切な人が「いるわけで・・・
今はもぅ逢えない人・・・
だけどそぅ・・・そのもう一つの扉を開ければ開けることが出来たら(連絡を取ることが出来たら)・・・逢いたい人にもう一度逢えるのかもしれないですね。